2011年02月10日

読書雑感5冊

dokusyo13.gif

●日本語ぽこりぽこり/アーサー・ビナード

日々の非常口でファンになった彼の
小気味よい彼ならではの日本語選びとリズム感♪

起承転結ある文章の巧みさがここでも光っていた。

とある駅に貼られた広告にどうにも我慢ができないビナード氏。
「静さや 岩に染み入る 蝉の声」を英訳して
ご丁寧にカタカナで書いてあるポスターに対してあらゆる方向から
ビナード氏の正解を導き出し、友人のアメリカ人と話し合ってみたり。

日本人にしかわからない趣きを英訳できるのは日本人だろう…
と考えるのは思い上がりであって
ビナード氏は日本人以上に日本の情緒を感受している。

この本のタイトルにもなっている句

「吹井戸やぽこりぽこりと真桑瓜」

このぽこりぽこりがとても気に入ったと
しかし、ぼこりぼこりという説もあり
それに対しては「かなり違う!」と困惑している。
私が聞いてもぼこりぼこりはなんとなく無粋で無骨な感じがする。

ぽこりぽこりの語感が大好きなビナード氏が微笑ましい。



●銀の鍵/角田光代

100%Orangeの絵も相まって
大人の無国籍な物語に仕上がっている

彼女はアキカウリスマキの映画に衝撃を受け、
そこからまたイマジネーションを膨らませこの話を書いたのだという

何にも覚えてないアウェーの私
だからこそ言葉も通じない人々との交流にほだされる
大人になって大人のまま
童心に帰らずに読める物語に心を動かされた。



●言えない言葉/益田ミリ

『私の友人は私を含めサバサバしてない人ばかり』とゆうのはなんだかミリさんらしい。

そういう益田ミリの本を沢山読み、書いてある細かい逡巡に膝を打ってる私もまた同じだ。

『こういう風に思われたら?』→『でも…こういう風に思われたい人に見られるかも?』と
深読みの深読みして行動に迷う彼女、

漫画もシンプルな無表情の中で思考だけがぐるぐる回ってる。

自分と同じようにろいろ気づきながら、

迷った思考にやんわり決着つけながら生きてる人間が確かにいて、いいなと思う

ミリ氏の「どうしても嫌いな人」の決着のつけ方には「…え?」といささか驚いたが(笑)



●テレビの中で光るもの/銀色夏生


銀色氏が、今私が書いている似顔絵blogのように
テレビから印象的な有名人のあれこれを彼女ならではの感覚で語る。

銀色氏のアイデンティティには馴染みがある。

彼女の絵はボールペンで自由に書いてあるのだが
私と同じ感覚で描いた絵に笑った部分がある
『私の似顔絵心を刺激した○○』という言葉が添えられていて

…やせた金平会長

…夏川純の髪の多さ

これは数年前私もすぐさまblogで絵にしたこともあり
刺激のされ方が『同じだ』とびっくり。

銀色氏の娘や息子とのやりとりもかなり対等になっていて面白い。
銀色さんもマイペースな人で、的を得すぎたするどい毒もあるが、
歳を重ねまるくなったところもあると感じる。

SMAPは皆歌が下手だよね〜」と
銀色氏が思っていることをハッキリ娘に言わせるとこも巧み。
「でも馴染みの力ってすごいね」と
SMAPの人気は「馴染み」と言い切ったとこも凄い。


銀色氏が
「私が男だったら明菜や真理子や美和子や
広末や深キョンには近づかない!」
と書いていたとこがあり

「同感〜!!え?深田恭子も?深田恭子なら近づくけど?」と

と思ったら、下に描き文字で
「ん?深キョンはいいか。かわいいもんね」
言い直すようにちゃっかり書いていた。

なぜ、あの危ないメンツの中に深キョンも入れてしまったんだろ。
深キョンは違うカテゴリだと思う。


●怖い絵3中野京子

この本は絵画と
その裏にある怖い歴史背景や作者の思惑を推測して
解説してある興味深い内容である。
解説に従って気づかなかったところに眼をやると
また驚き、再発見に震える…面白さである。

気になったものを数点。

・ベアトリーチェ・チェンチ
悲劇の運命といくつかの伝説。
そのおとなびた美貌と諦めの表情にひきつけられる。

・死と乙女
死神は怖いのだが、そこにひたむきに抱きついている女性の姿に心を揺さぶられる。
。死神の迎えるような拒否するようなポーズも
彼女の本意ではないだろうし余計に悲しい。
怖いというより強い悲しみを覚える絵だ。

・聖アンナと聖母子
この構図はほんと面白い。不自然過ぎていろんな解釈がすんなり納得できる。

・「ジン横町」そして「ビール街」
ジンが民衆を滅ぼしていく様が恐ろしく描かれている。
解説によって細かい描写に気づくとさらに怖い。
そして片やビール街の陽気な酩酊が対称的に表現されている。
ジンもビールも好きな私だが、こういう捉え方があるのかと驚愕。

・「メドゥーサの首」と並べられた葛飾北斎の「生首図」
著書の「日本人はこっちのほうが怖いでしょう」
まさにビンゴ

・フェリペプロスペロ王子
絵画は幼児の凛とした貴族ぶり…と見たが

そこには王朝でも「生まれてすぐギプスのように固められ
壁に立てかけられたり、親も適当に育児放棄しながら
悲しく育つ子供」という現実も解説されており
やりきれない思いになった。

・怒れるメディア
脅威におびえながら武器を持ち、子供を抱き守っている母…と見たが
解説によれば、母は子供を殺そうとしており
子供二人は殺気を感じておびえている…とある。
そういう眼で見ると子供の顔は本当におびえと諦めで悲しいほど歪んで見える。

絵画の裏にある怖い背景…その視点や感じ方の揺らぎがなんともいえない本。
posted by 彩賀ゆう at 14:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。