2017年08月09日

鈴木大介「脳が壊れた!」を読んだ。

170809_220218.jpg

そもそもは
漫画家の古泉智浩さんと歌人の枡野浩一さんがやっているポッドキャスト
「本と雑談ラジオ」
で称賛されていたことでこの本を知った。

鈴木大介氏は硬派なルポライター。

「最貧困女子」など有名な方。

その彼が脳梗塞になる直前から回復(完全とまでではないけれど)までの過程を
面白おかしくユーモアを交えて
しっかり自分と向き合う主観と
自分を突き放した客観で克明に記した著書だ。

自分が取材対象。
苦しい作業だっただろう。

脳梗塞になる。
自分の身体がいうことをきかない。
それも言葉や手が使えないだけでなく、視線を固定することもままならない。
意識はある。
だが感情のコントロールもできない。
(喜怒哀楽が不意にあふれることを感情失禁と呼んでいる)

それがどんなに孤独で絶望的で苦痛を伴うものか。
先のことも全く見えない暗中模索の中で悟っていくこと。

彼の筆致は「悲壮感」だけに偏らないように
要所でふざけながら笑いを紡ぎだしている。
そこもグッときてしまう。

…と、この本のびっくりするところは

中盤で明かされるもうひとつの物語だ。

そんなことが!!!
それで彼は自分を追い詰め、脳梗塞に至ったのかと。。。
呆然自失。なんといろんなものを背負っていたのか。

大介氏の悟り。

「人の縁」についての言及、
病に倒れ苦しんでいるときに救われたもの。
また病になったからこそわかった大切なもの。

人は事故で死ぬ以外は病気で死ぬ。
大病に陥ったときの心積り。
そして身近な誰かが大病に陥ったときの心積り。


いろんなことを教えてくれた心に残る本だった。




posted by 彩賀ゆう at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。