2011年01月19日

11~12月の読書

dokusyo11.gif

dokusyo12.gif

この時期
本を時間の合間合間に読んではいたが
雑感を書く余裕がなかったので読んだ本をざっと紹介。


●脳が喜ぶ生き方
●芸術脳

茂木健一郎

●更年期少女
真梨幸子

●偉いぞ!立ち食いそば
東海林さだお

●私が彼女を殺した
東野圭吾

●延長戦に入りました
奥田英朗

●しがみつかない生き
香山リカ

●美貌と処世 
林真理子

●検索バカ
藤原智美

●捨てる!スッキリ生活
辰巳 渚

●ノートパソコンは買うな
小山信康
●インテリア以前の収納掃除の常識
本多弘美

●告白
湊かなえ

この中でも印象に残っているのは「更年期少女」
貴族の女性のように呼び合ういい歳した女達の奇妙なグループ
しかし全く気を許しあってはいない…次々起こる凄惨な事件。。。
身体だけ大人になり、社会的には大人と見なされているゆえに
精神年齢の稚拙さのアンバランスが悲劇を呼ぶ怖いオバサマ達であった。
松苗あけみのカワイイ表紙〔裏表紙は…〕シュールさを掻き立てる。

あと年末に向けて収納や掃除などの本を読んだが
実用にもなるが、どの本も「モノに対する向き合い方」を教えてくれ
今世間で流行の「断捨離の精神」に意識的に近づけたと思う。
かなりのものを捨てられたし、そこには悔恨の念もなく
非常に晴れ晴れとした気持ちになった。
(山奥の処理場まで自らいろんなものを運んだ私)

東海林さだおさんの…
とある店の立ち食いそばメニューを全制覇する地味なチャレンジ精神。
まあ本を書くネタだとしても頼みたくないメニューもある。
素うどんを頼んだときの微妙な空気
(貧乏と思われないかという自意識過剰ぶり)などもよく書かれていて
その場の臨場感を肌で感じる。「ほんとにやったんだなあ」と。
相変わらずの小市民的な心と開き直りが笑わせてくれる。

「告白」は映画を観たが
本を読んでなかったので読んでみた。
本にしか書かれていない心情もあったと思ったが
それも手記という形なので「ほんとのことをどこまで書いているか」という曖昧さもあり
映画とは違う角度で人物像が見えた。
しかしこの物語のどこにも正義はない
家族への愛や固執がどんどん歪み、臨界点を越え犯罪になる。
先生も生徒も親も誰もが地に足つけず浮遊している。
みんな利己主義で救いはなく気持ち悪い。

奥田英朗さんのやや下世話な視点も
相通じるものがあるので何かと納得。
野球、ボクシング、相撲などを観てると
試合に集中できずお客さんに視線を走らせてしまうとこは私も同じだ。
昨日の相撲もオリンピックおじさんが気になってしょうがなかった。

そしてこの頃結構茂木さんの本読んでいた。
茂木さんは脳科学者であり脳の限界も知りながら
人間の多様性に感嘆できる人だ。
「芸術脳」ではピアニストの山下洋輔さんは思考から突飛で面白いと思った。
穏やかなのに壊れてて、アナーキズムがある。すごく芸術家らしい。




posted by 彩賀ゆう at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

読書雑感5冊

dokusyo10.gif

●佐藤可士和のクリエイティブシンキング佐藤可士和


佐藤さんは有名なアートディレクター佐藤可士和氏

企業戦略からブランドイメージCMなどその斬新な企画力が注目されている。

ユニクロがあそこまで発展したのも可士和氏のマーケティングデザインの力が大きいと思う。

この本にも写真があるが

ふじようちえんのドーナツ型の園舎には夢が溢れている。

『園舎自体を遊具にしたい』佐藤さんのコンセプトでこれを設計したのは

手塚さんという建築士だが私が見てもわくわくするほどだ。



可士和氏はひらめきの人だと思うが

会議などで関係者にビジュアルを見せてもすぐには理解されないらしく

『このような効果があるのだ』とひとつひとつ解説しなければわかってもらえないと。

それは天才と凡人の開きだと思うのだが

最初の提案から手放しで称賛されているはずだと思っていた私は驚いた。

それで可士和氏もこの本にびっしり解説&図解しているように、

飛躍した考えではなく素人も段階を踏んで

クリエイティブシンキングできるように降りてきてくれている。

それはとてもわかりやすい。




方向性のブレが生じたり、意見が分かれたりしたときは

本質に立ち戻り『そもそもこういう目的でやってるんだよね』という

根幹を見直すことで納得して方向を見極めることができる…とか

積極的にコミュニケーションスキルをアップしようとすること

そうしたアプローチを行うのは

可士和氏の中に

『人間同士はたやすく分かりあうことはできない』という認識があるからだそうだ。

そう思ってかかることは大切なことで

可士和氏は普段でも相手が話すと

『それはこれこれこういうことですか?』と自分の理解度で聞き直し、

違うというときは再度聞き、相手の言わんとすることに近づくよう訓練をしているらしい。

この姿勢に脱帽。



人間は何かと相手のことも、

相手が言うことも『分かったつもり』になりがちだがそこには大きな隔たりがあるのだ。

私が読んでも腑に落ちることは多かったが

組織にいる方にはピンとくることや応用できることがさらに多いと思える。



あられもない祈り島本理生

妻のいる『あなた』が好きになり

『あなた』が『あなた』である所以…『あなた』に影を落としている彼の幼少期の体験

それも含めて『あなた』を受け入れ救おうとする私。

『あなた』と妻の関係は不思議だが私と直樹の関係もまた少し不思議だ。

『あなた』のせつないくらいセンシティブで温かい部分と

どうにも無機質に感じる部分が島本的リアリティで語られる。



『あなた』は逃げようと言った私に半分肯定しつつも

『逃げるっていう行為は逃げ道をなくしていくことでもある』と言った

その言葉が印象に残った。

蜜柑などディテールがすごく効いている




●鬼苑乗物帖内田百

百關謳カの乗り物エッセイ

いつか百關謳カの本に挑戦したかった。

私がだいぶ前から少しずつ聞きかじったそのユーモアセンスに魅力を感じたからなのだが

(広場にパン屑をバカという形に置いて、

そこに来る鳩達がバカの形になっているのを見て楽しむ…など)

誰かが言ってた

『内田百閨xのエッセイを読んでるときだけは心が穏やかになっていた…

というのも気になり、ヒーリング効果もあるのかとまた惹かれた。


文章は旧漢字や旧仮名遣いだが
(矢つ張り→やっぱり)(こはいものはこはい)(八釜しく→やかましく)

などなど、頭の中で一瞬変換しなければならないが(昔は拗音もなかったようだ)

なんだか意外と雰囲気で読め

その淡々とした文体と相まってより穏やかでゆったりした時間を感じる。

それがヒーリング効果かもしれぬ.



食堂車に行った話が面白かった。

注文の際の融通のきかなさもさることながら

食事の途中で給仕の女性達が実働時間が過ぎすっかり入れ替わり、

なんとテーブルクロスまで替えられたり、

注文した品数の最後のものが出てこなかったり散々である。



今をときめく羽田空港の様子や彼の最初のフライトも書いてある

そして

これから何処に行くのも着くのも速くなり、

交通が発達し過ぎると人はいつもどこかへ行かなきゃならなくなる。

行けなきゃ行かないのに。

人はいつも「どこかへ行く途中」になってしまったりするんだろう
しかし速く遠くへ行くものは料金が高いから踏みとどまれるようになっていて助かる。

とゆうようなことを書いている章があって

『真理だ』などと思った。

進化を喜びながら、めんどくさがって憂う気持ちが面白い。




●かみつく二人三谷幸喜 清水ミチコ

二人のおなじみラジオシリーズ だが

相変わらず

三谷さんはすっとぼけてたりして、かと思えばやけにひとつのことに偏執的だったり

それ考えるとミッちゃんは

三谷幸喜に対しトドメを刺しそうなくらいの毒舌を振りかざしてるけど
(まあこの人はサービス精神が強大な人だから)

落ち着いたスタンスに見える。


面白かったことは

三谷氏脚本の舞台でハラハラしたことがあったと。

あの西村雅彦がセリフを飛ばしてしまい、

舞台に出ている役者達は仕方なくそこから続けてそのままでよかったんだが、

なんとひとりが気をきかせて飛ばしたところに戻したらしい。

するといずれダブるとこが出てくる…

どうするんだ?と気をもんでいたら

役者達が『さっきも言ったけどさ』とセリフの前につけたりして

うまくダブったセリフをこなしたんだとか…

すごいんだなあ役者魂!


そしてもひとつ

市川崑監督(九十歳)に頼まれて犬神家に出ることになった三谷さん。

なぜか老人の役で

『うーん若過ぎるなあ…ヒゲつけて!…うーん…だめだなあ白髪を…』とかで、

どんどん三谷幸喜じゃなくなってきて

『これはすでに自分じゃないなあ〜』と思ってたら

『ところで三谷くんはなんで出ることになったの?』だって

市川監督ナイス…いや三谷幸喜氏はショックだったろう(苦笑)


●不運の方程式〜あなたの『ついてない!』を科学する
ピーター・J・ベントリー

これは『あなた』の不運過ぎる一日に密着

まずあなたの寝過ごしから始まる一日。。。
寝過ごしはなぜ起きるか
ということも踏まえて睡眠の科学夢の科学を紐とく

この後、車に乗ろうとして鳥のフン被害に遭い
その際にカバンをどこかに落とし
ガソリンスタンドでは軽油を入れてしまい、
仕方なく徒歩で会社目指すも
迷ったりバス停留所でずっこけたり
バスの中で髪にチューインガムがついたり…と

架空の登場人物ながら
この『あなた』に同情を禁じ得ない
会社に着けばパソコンに関するトラブルまで…orz

それぞれの失敗はほんの導入でそこから展開する解説のスタイルは色々で面白い。

パソコンの故障の末期は
最後の手段でパソコンを傾けまくったり、HDを冷凍庫に入れるとか斬新な裏手段まで書いてある。

「赤ワインをこぼす」という失敗から
赤ワインのしみが乾かないうちに白ワインでとることができるという伊東家的なネタから

排水溝に鍵を落とす
という失敗から
宇宙の重力の話になるのだ…
壮大過ぎる!!

なんだかんだ
身近なとこから雑学覚えたい人にはオススメの本です。
posted by 彩賀ゆう at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

読書雑感5冊

dokusyo9.gif

●危険がいっぱい デイ・キーン

サスペンスといえばそうなのだが
最初はストーリーより主人公マークの
ミセス・ヒルに対する妄想的な執着が中心だったように思える。
愛や憧れというよりは激しく劣情を刺激されているといった描写。
視線もねっとりと絡みつくようだ。
(正直な男性目線というのはこういうものかもしれないが)

最後の解説を読んだらデイ・キーンという人は
本来そういう性的な描き方を得意とするらしい。
ふーむ。

前に読んだ「ハズバンド」はそうした性の描写がなかったが
そっちのほうが珍しいらしい。

前半中だるみがあるが
後半からの展開が速い。急激に転がる
これも彼の特徴かもしれない。

マークを追っているはずの義兄がいつ現れるかと思えば
そういう形とは。。。

んでマークという主人公は
どうにもおめでたいというか気障で計算高く自惚れ強く
なかなか感情移入しにくい男なのだ。

するする読めたが感想は「オチのあるコント」のようでもあった。

訳は松本依子さん。いつも年賀状を下さいます。
妄想的セクシー描写は大変だったろうと推察します。



●真綿荘の住人たち 島本理生

島本理生の本も考えたらかなり読んでいる。
瑞々しい感性と心理描写が魅力。若さゆえか少しとんがったとこも感じる。

彼女の本質は生真面目なのだろう
「不倫には共感できない」という意思を持っていることも明らかにしながら
最近はかなりいろんな試みをしている。
生真面目さは自分で認めた上で
作品で生を受ける登場人物達が繰り出す「アンモラル」に果敢に挑んでいると感じる。

最新刊では「不倫」を扱っているが
その少し前の作品がこれであろう。

これ「めぞん一刻」のシリアスバージョンのような。
唯一「のほほん」とした大和くんがいるから
空気が軽くなっているが
二組のアブノーマルな関係のカップルは不思議な関わりを続けている。
ずっしり影を落としているのは妙齢女性2人のそれぞれの過去だったりする。

全員が自分の生きる道を選んで踏み出すラストは
意外に「人生いろいろ」と思えるほどスカッとしている。



●日常の非常口 アーサー・ビナード

作者アメリカの方だが
日本に住み、日本語でこの本を書いている。
著者紹介によれば、数冊の本を出したりラジオのパーソナリティーもしているようで
本当に軽妙な語り口で面白い。一気にファンになった程だ。

「日本人の知らない日本語」「ダーリンは外国人」がヒットして
外国人からの視点に注目が集まっているが

このビナード氏も
日本人が普段気づかないような「外からの視点」
ときに感覚的に、ときに論理的
日本ならではの言い回しや慣習、生活全般への疑問に
斬り込んで、「はっ」とさせてくれ、すっきりさせてくれる。

理解するまでとことん突き詰め、少し不本意な結果であろうと
彼なりに納得してアメリカンジョークを交えながら柔軟に懐に収める
かなりの器とウィットを感じる。

そしてとことんお茶目

落ちた若葉マークと紅葉マークを
集めているとこも不思議だし

子供たちの(外国人とみると)「ハロー」に答えると
「ハロー」「ハロー」と一斉にハローの嵐になるので
ハローは危険だなあ〜(苦笑)」と感じ…
そんなときにテレビから流れる言葉
「ハロー(波浪)注意報」というを聴くのが面白くて好きだったとか。

日本には「○度」という言葉が多く
速度、温度、震度、もう一度…など
新鮮で面白く感じたが
成人誌で
「興奮度」「期待度」「淫ら度」「エロ度」…乱発されるのを見て
「○度」に飽きたらしい。

日本の若者と同じように
どこへ行っても見る「月極駐車場」の「月極」という
見慣れない言葉にとまどい
「げっきょく」と辞書を引いても出ない。
頭を抱えて悩んだあげく
全国規模の大会社「月極」なんだろう…と考えたり。

彼の頭の中で
疑問→調査→判明→更新
を続けていくうちに
どんどん彼自身日本人化していく

反戦についてもそうで
アメリカの姿勢をシビアに否定している。

日本の郵政民営化は
官→民に移るということで
「自分達市民のことか」と思わせ
実は市民から遠い「大資本の民営企業」のことだ。
言葉のすり替え、まやかしだと厳しい指摘もする。

でも全体的に
センスのよい小噺の宝箱みたいな素敵なまとまり
また彼のイラストもシュールだが愛があってすばらしい(表紙も)



●目からハム 田丸久美子

まず衝撃的だったのはこのタイトル。
何かふざけてつけたタイトルかと思えば

イタリア人にとっては
「目からウロコ」ではなく「目からハム」というらしい。

イタリア人に精通している通訳の田丸さん
若い娘時代イタリア男の
「若い女性とみればいつでもどこでも…自分に妻子がいようと
とにかく口説く」

という国民性と言おうか、猛烈な誘いに苦労したらしい。

若い娘というだけでイタリアでは
引く手あまたらしい。
どこまでも追いかける姿勢はすごい。
さすがジローラモを産んだ国だ。

そう、私はかねてより
どんな部門でも
国際的な各国代表者のやりとりの場面において
通訳こそが政治家にも似た
大きな実権を握っているのではないかと感じていた。

それは一部の局面では本当に真実であったようだ。
通訳のさじ加減で展開が大きく動くことはあるという。

通訳は技術だけでなく
深い読解力→その場に応じた変換
という「機転」と「思いやり」「分別」に長けた人物でなければできない。
人間的に未熟だと円滑に行くべき話し合いも座礁させてしまう。

各国と各国の架け橋
片方の国には存在しない言葉のニュアンスまで伝えることもあれば
伝え過ぎてはいけない言葉もある。

意思の疎通ができないことを通訳のせいにされた通訳仲間
「通訳を変えろ!」と言われて
それをその人はきっちり通訳していた
…そんな情けなさや屈辱といった苦労話も沢山。

イタリアは通訳激戦区というくらい通訳人気があるが
同時通訳は希少らしい。

イタリアでは人生のうちでも
食べる(マンジャーレ)
歌う(カンターレ)
愛する(アマーレ)

を大切に生きているという。

それを聞くとほんとに素敵だと思う。私が住んで馴染むかどうかは別にして。


印象的なエピソードは

若い娘時代の田丸さん
イタリア企業が日本旅行したときの
同時通訳兼バスガイドもしていたという。

そのときは2台のバスで観光。
Aのバスに田丸さん
Bのバスに男性通訳兼ガイド

イタリア企業の人達は男性ばかりだったので
いつのまにかBのバスの男性客が
Aのバスに無理に乗り込み
ぎっしり男性達がひしめいてしまい
Bのバスはガラガラになったらしい。
それがショックでBのバスの通訳クンは自信をなくしてしまった…
という。

そしてその観光中
田丸さんが何を言っても視線は体に張り付いていたという。
「どこがよかったですか」と訊いても
「君のお尻ばかり見てたよ」というイタリア人ばかりだったと。

なんともおめでたい国民性(男性が…)

この本のおかげでかなりイタリア人の気質わかった気がする。

そして…ちょいメモ
お菓子「柿の種」はイタリア人たちに
「どこで買えるのか」とかなり受けたらしい。



●肉体と読書 赤坂真理

これも「何?このタイトルは」と思った。
中身はコラム、あるいは詩のようなモノローグ
そして
とにかく気持ちいいくらいの断定で
逃げがないダンディズム。

ところどころに挟まれているピンナップガールの写真
刹那的であり、戦争の影を落としている。

人の絆、民族間の思想、この人は常に頭を巡らせている。

女性しか持ち得ない皮膚感覚を研ぎ澄ませ
そのあとでぶわっと視界を広くして
男性的ロジックまで昇華させるその知性にしびれる。

あるときは小泉首相がブッシュと会ったときに着た
ラルフローレンの青いシャツ
その背景にあるものを切り取って見せ小泉批判もする。

あるときは
戦場におけるマリリンモンローの存在に思いを馳せる。

ある時期のあゆを
脆さを高密度に練り上げたような強度」があって好きだったと語る。

読破してみて初めて
「あ…肉体と読書!なるほど」と思う。

山田詠美などを思わせるダイナミックな女性…赤坂さんの(見た目は一青窈みたいだが)

セクシーなダンディズムに溢れたコラム。
posted by 彩賀ゆう at 01:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。